--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.11
Thu

化粧品を選ぶ際にも重要になる肌質のタイプを
診断してみましょう♪

m002-091.jpg


こちらの方法を簡単に説明すると
いつも通り洗顔→しばらく放置→
その後の肌の様子をチェック
して肌質を判断します。
ですので、ある程度時間に余裕のある時を選び、この診断を行ってください。
また、時間帯はを選んでください。

▼自宅で簡単!肌質チェックの方法▼

1.洗顔
普段通り洗顔をして、タオルで顔を押さえるようにして水分を拭きます。

2.放置
洗顔後、顔を拭いたら何もお手入れをせずに放置してください。
放置する時間の目安は、夏場は10分、冬場は5分程度です。
すぐに化粧水をつけたい気持ちを抑えて我慢です!

3.肌の様子をチェック
放置時間が過ぎたら、お肌の様子をチェックしてください。
ここからが診断になります。下記のどれに当てはまりますか?

--------------------------------------------------------

お肌全体がつっぱった感じ。
頬や目元・口元にカサカサした感じがある。


→診断1 「乾燥肌」へ

お肌全体がつっぱった感じ。
頬や目元・口元にカサカサした感じがある。
Tゾーン(おでこや鼻、あご)など部分的には脂っぽさも感じる。


→診断2 「混合肌」へ

お肌全体につっぱった感じはない。
しっとりとしているが、顔全体やTゾーン(おでこや鼻、あご)に脂っぽさを感じる。


→診断3 「脂性肌」へ

お肌全体につっぱった感じはない。
しっとりとしていて、顔全体やTゾーン(おでこや鼻、あご)にも特に脂っぽさは感じない。


→診断4 「普通肌」へ

--------------------診断結果----------------------

診断1 「乾燥肌」

あなたのお肌は、水分量も皮脂量も足りなくて
肌全体がカサカサしていて、肌荒れが起きやすいのが
特徴の「乾燥肌」タイプです。
キメがとても細かく、全体的に乾燥していて
目元や口元に小じわが見られたり
お手入れを怠ると肌荒れしやすいというトラブルが起きやすいです。
化粧水や乳液は、しっとりタイプのものを使い
肌全体に少量を数回に分けて丁寧に重ねづけしましょう。

▼乾燥肌さんにオススメスキンケア用品▼
  


診断2 「混合肌」

あなたのお肌は、水分量が足りなくてカサつく部分があるのに
一方で部分的に皮脂量が多くて脂っぽさを感じるのが特徴の「混合肌」タイプです。
お手入れを怠ると、目元や口元の乾燥から小ジワができたり
おでこや小鼻の周りにニキビができたりしてしまいがちです。
化粧水や乳液は、ややしっとりタイプのものを使い
乾燥する部分には丁寧に重ねづけをし
脂っぽい部分には少量を使いましょう。

▼混合肌さんにオススメスキンケア用品▼
   

診断3 「脂性肌」

あなたのお肌は、水分量も皮脂量も多いため
しっとりとしているのに脂っぽいのが特徴の「脂性肌」タイプです。
キメが荒めで毛穴が大きいため肌が荒れやすく
日中の化粧崩れが目立ったり、にきびができやすいなど
肌トラブルが起こりやすいです。
化粧水や乳液は、さっぱりタイプのものを使い、少量を丁寧につけましょう。
▼脂性肌さんにオススメスキンケア用品▼
  

診断4 「普通肌」

あなたのお肌は、水分量は多めですが皮脂量は普通で
しっとりとしたつやがあり、健康的な色味が特徴の「普通肌」タイプです。
キメが細かくなめらかでやわらかい理想的なお肌で
トラブルも起こりにくいです。化粧水や乳液は、ややしっとりタイプのものを使い、少量を丁寧につけましょう。

あなたはどれに当てはまりましたか?
まずは自分のお肌の状態を知り、
自分に合ったスキンケアをしましょう♪

スポンサーサイト
comment 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。